整体やカイロプラクティック、気功を受けることが、当たり前になってきた今日このごろ。
少し前にこういった言葉を聞くことは耳に違和感を感じただろう。
テレビでも整体や気功、カイロプラクティックの特別番組がよく組まれている。
雑誌でも特集が組まれ、専門の雑誌も書店に行けば数多く並べられている。
インターネットで「整体」、「気功」、「カイロプラクティック」と検索すれば、とてもじゃないが数えきれないほどのホームページが検索結果として出てくる。
お客として受けるだけではなく、その技術を身につけ資格を取得することも可能である。
専門の学校やスクール、通信制の講座や集中合宿がある。そこに通い、定められている一定の基準をクリアすれば、資格取得ができる。
今では当たり前のように耳にし、受けることができ、習うことのできる「整体」、「気功」、「カイロプラクティック」。
そうなった時代背景を振り返ってみよう。

高度経済成長期、日本では今と比べ、肉体疲労や身体を動かす作業は多かった。
これは、ITがあまり発達しておらず、今のように効率化がなされていなかったからである。
また、交通機関も現代ほど充実しておらず、歩いたり自転車に乗る機会は多かった。身体を動かす機会も時間も多かった。
この頃は、会社に入り一生懸命仕事をすれば、将来が約束されていた。終身雇用制で年功序列のため、毎日出勤し仕事を頑張りさえすれば、給料は上がり、地位も上がっていく。
作れば売れる時代で、売上も年々上昇し、給料も上がっていった。明日がどうなるかわかり、未来は見えていた。
身体を動かす機会が多くとも、明日が保証されているので、精神的な負担は少なかった。

イチ押しリンク

横浜にあるカイロマッサージで身体をすっきりさせたいなら|健康になろう.com

カテゴリー
  • カテゴリーなし